肌を保湿させて乾燥を防ぐ|化粧水効果で肌美人になれる

ウーマン

古い角質を除去できます

ソープ

肌質で濃度を変える

現在市販されているピーリング石鹸には様々な種類のものがあり、選び方が難しくなっています。大切なポイントとしては、自分自身の肌質に合っているものを選ぶことで、トラブルを避けることが可能です。普通の肌の人の場合には、AHAの濃度が4%ほどのものを選ぶことが適しています。ピーリング石鹸の使い方は、1週間あたりにつき1回程度にしておくことが理想的です。敏感肌の人の場合には、AHAの配合濃度が0.5〜1%ほどのものを選んでおいたほうが良いです。配合濃度が低いものを選んだほうが刺激が小さくなりますが、十分な効果を得ることが可能です。ニキビ肌の人の場合には、AHAの濃度が5%以上のものを選択することがおすすめです。泡立ててパックのようにしてから、5〜10分経過させてから洗い流すことが効果的です。

使用頻度を制限する

洗顔をすることで肌についている汚れや、古い角質を取り除くことができますが、ニキビ跡で悩んでいる人の場合にはピーリング石鹸を使うという選択もあります。ピーリング石鹸は酸性の成分が含まれていることで、角質を取り除く作用に優れている点が特徴です。ピーリング石鹸を使うときには、強く洗わないようにして、肌を優しく撫でるようにして洗うことがポイントです。また、日頃からの日常生活や食生活を見直すことによって、皮脂の分泌を減らすことにつなげられますので、脂質の多い肌を改善することができます。ピーリング石鹸での洗顔はたまに行う程度で効果を得ることが可能で、他の日は市販されている通常の洗顔料を使うことがおすすめです。