肌を保湿させて乾燥を防ぐ|化粧水効果で肌美人になれる

ウーマン

敏感な肌にできるケア

鏡を見るウーマン

デリケートな肌です

肌が弱く新しい化粧品を使うとかぶれやすい、合う化粧品がみつかりにくい、肌に赤みやかゆみがでやすいという方は、敏感肌かもしれません。敏感肌は、刺激に過敏に反応しやすい肌として知られています。アレルギーを起こして肌がかゆくなったりピリピリしたり、赤く湿疹が出てしまった場合は我慢をしないで病院で診察をうけ、適切な治療を行うのがおすすめです。病院では、パッチテストやアレルギー検査などを勧められることがあります。これは、アレルギー体質の方がどのような物質に反応しやすいかをみるためです。パッチテストは新しい化粧品を使用する時にテストすることで、化粧品があっているかどうかがわかる検査で、肌の柔らかいところに塗布して行います。

低刺激の化粧品

病院で診察を受けると、おすすめの化粧品ブランドのサンプルをもらえることがあります。最近は皮膚科でも敏感肌に向けた化粧品が積極的に販売されています。病院で推奨しているだけあって、皮膚科で販売されている化粧品は非常に低刺激で敏感肌の負担にならないものが厳選されています。多くの皮膚科では取扱商品のサンプルを配布していますので、気になる商品がある場合は尋ねてみると良いでしょう。敏感肌の方で油断しがちなことに、紫外線対策があります。よく、合う日焼け止めが見つからないという話を耳にすることがありますが、紫外線は肌に大きなダメージを与えますので、対策は必須と言われています。敏感肌の場合は、ノンケミカルのタイプが適していると考えられています。